Theme Expert Interview テーマエキスパートインタビュー

今月のテーマ「IoT」

「IoT」という言葉が市民権を得て数年、ビジネスにおいても、普段の生活においても、IoTは私たちの暮らしの身近な存在となりつつあります。今回は暮らしに欠かせない「カギ」をスマートフォン・PC等で開閉できるIoTシステムを開発した、日本発のIoT企業「フォトシンス」の代表取締役社長である河瀬さんにお話を伺いました。

河瀬さんの普段のお仕事について教えてください。 

うちの会社「フォトシンス」はクラウド型入退室システムをつくっており、法人向けにクラウドセキュリティサービスを提供しています。コロナ禍の現在だと、オフィスに出社する人員を3割に留めるという企業が出てきたり、コワーキングスペースの需要も高まっているので、ニーズは高まり続けています。元々は個人向けに作っていた製品なんですが、現在は法人のニーズが多いですね。

フォトシンスは、どのようにして誕生したのですか?

元々は事業にする考えもなく、個人的にスマートロックを開発しただけでした。それがひょんなことから日経新聞に取り上げられ、あっという間に様々な企業から100件以上の問い合わせが殺到しました。この状況に応えるような形で起業しましたね。起業するまでには色々と苦労したところもあるのですが、自分自身でそこに懸ける熱が下がらなかったからこそ、起業まで行けたのだと思っています。ただ、熱を保ち続けるのって非常に難しいんです。私の場合は仲間の存在が大きくて、仲間がいたからこそ熱を保ち続けられたと感じています。

河瀬さんはご自身をどのようなタイプだと思いますか?

私自身は着火剤のような人間だと思っています。割と色々なことに対して瞬間風速的に熱中できるタイプです。反対に副社長は備長炭みたいなタイプで、火がつくまでは時間がかかるんですが、着火してしまえば一定して高い熱意を保ち続けられる人なんですよ。だから社内のバランスとしてはちょうどいい。事業に対してずっと高い熱意を持って取り組んでこれたのはこういった仲間たちとのケミストリーが大きいですね。

元々「カギ」は好きだったのですか?

特別に好きだったということはありませんでした。起業前は自分の好きなことや興味のあることを色々とやっていて、カギもちょっと興味がある分野の1つでした。ところが、先ほどお話ししたように、個人的に開発したスマートロックがネットでバズったことで、世の中や社会の課題が次々と見えてきて、どんどんカギに熱中していきました。今ではカギへの思い入れが強くて、その世界でNo.1になりたいです。このように自分の興味を深堀りしてみると、どこかに自分が熱意を傾けられるものは見つかると思うんです。だから「夢がない」というのが悩みの方は、自分の興味をもっと深堀りしていけば、きっと何かに出逢えると信じています。

IoT業界の方として、ワクスタと協働できることは? 

DX※の部分ですね。特に歴史の古い業界こそ、リアルから変えなければいけないと思っています。そういう業界はIoTと自分たちの仕事が結びつきにくいと考えている方が多いようです。しかし、IoTはあくまで手段なので、どんな業界でも役に立つ部分があると考えています。また、一口にIoTと言っても、新規事業をやりたいのか、既存事業をDX化したいのかによって、やることは変わってきますね。どんな業界でも課題を深掘りしていけば、AIやIoTが役に立てるポイントがあると信じています。

※DX(デジタルトランスフォーメーション)=デジタル化によりビジネスや人々の生活をより豊かにすること

プロフィール

河瀬 航大

IoT、ベンチャーアライアンス

株式会社フォトシンス
代表取締役社長

TE 河瀬 航大さんの一問一答コーナー

好きな食べ物は何ですか?
海鮮が好きですね。お寿司とか。私は鹿児島の海が身近な地域で育ちまして、少年時代から釣りも大好きですし、素潜りをして、ウニをとって食べたりもしていました。嫌いな食べ物は1つもないのですが、カニだけアレルギーなんですよ。それでもカニは大好きなので、出てきたら足一本分ぐらいは食べます。小さい頃は足3分の1でも症状が出ていたんですが、大人になってからは1本くらいなら大丈夫になってきましたね。極端な話、カニを食べてアレルギーで死んでも悔いはないなと思いますね。
ふだん、料理はされますか?
ほとんどしないですね。最近、引越しがあったのですが、数年間住んでいた家のシンクがほぼ新品状態で業者の方に驚かれましたね。ボクの家はお皿もコップもないんです。必要な時は紙コップと紙皿を使っています。なので、本当にシンク使ってないんですよ。特に1人暮らしの場合、料理するのは時間とコスパが合わないと思って。
最近、初めてやったことはありますか?
もう1年前くらいなんですけれど、ゴルフをはじめました。仕事相手の方でやっている方が多くて、ずっと断り続けていたんですけれど、やってみたら大好きになって、断り続けていた期間は、機会損失していたなと思いましたね。2週間に1回は行ってます。ゴルフは土を踏めるというところがすごく自分に合っていました。東京にいると土を踏む機会って中々ないんですよね。ほとんどコンクリートと絨毯しか踏まない。山登りも好きなんですけれど、ゴルフは広い場所で土を踏めるというのが心地いいですね。スポーツに限らず自然の中に身をおいている時間が好きです。
口癖はなんですか?
周りから言われて気づいた口癖なんですが、部下に対して「天才!」と良く言っていますね。ボクのボキャブラリーが少ないだけなんですけど、ちょっとでも良いなと思う発想が深から出てきたら「天才だね」と言ってしまいますね。「褒めて伸ばす」みたいなことを意識している訳ではなく、単純に自分だと思い付かないアイデアが出てくると感激するんですよ。ロジカルであったり理に適った話をされるだけだと「いいねそれ」くらいなんですけれど、良いアイデアであったりクリエイティブな意見は嬉しくなってしまうし、会社でもそういう部分は大事にしていきたいと思っています。
最後の晩餐では、どんなものを食べたいですか?
カニでしょ!

河瀬 航大さんから
会員の皆さんへのメッセージ

ワークスタイリングSHARE

FLEX併設
首都圏
京阪神
全国
SOLO
提携拠点