Theme Expert Interview テーマエキスパートインタビュー

今月のテーマ「ヘルスケア」

今や世界的なトレンドであり、今後さらなる盛り上がりが予見される「ヘルスケア」。今回お話を伺う島村さんは保健師・看護師の資格を持ち、福祉や医療に関するコンサルティングを行っています。病院側でもない、患者側でもない、島村さん独自の視点からヘルスケアについて語っていただきました。

島村さんの普段のお仕事について教えてください。

「一般社団法人WELLE ME」では、医療関連サービスの資格を有する女性メンバーを国内外合わせて20名ほど抱えており、彼女たちの知見を活かしたヘルスケアサービスの企画・運営などを行っています。私個人の仕事としては、複数の企業、自治体、大学、医師会、医療従事者などと一緒に事業創出に向けたサポートをしています。どちらの仕事も様々な組織が関わってきますので、人と人の目線を合わせて議論できるようにして、そこからお互いの強みを活かした、健康・医療・福祉サービスを創り出しています。

「一般社団法人WELLE ME」はどういう想いでつくられたのですか?

「女性の自立」というテーマが私の中にありまして、そのテーマと、私の得意分野である「ヘルスケア領域の事業立ち上げ」を組み合わせて立ち上げたのが「WELLE ME」です。世間ではよく、会社で役員になったり、起業したりする女性を、自立した女性と呼ぶことが多いと思うのですが、社会が求めるように働き、活躍することが女性の自立なのでしょうか。
女性はライフイベントによる心身の変化も多いため、内面が満たされて健やかな状態、つまり、心身ともに健康で理想的な生活を実現する「ウェルネス」こそが、女性の自立を支えると私は考えています。女性の健康・キャリア形成をサポートしながら、女性の自立を目指すのが「WELLE ME」です。そして、人を想う気持ちを循環させること、これが私のミッションだと思っています。

現在、ヘルスケアの業界や領域では、どんなトレンドがあるのでしょうか?

4〜5年くらい前は、ヘルスケア事業に参入したいという企業が多かったですね。一口にヘルスケアと言っても、単純に身体の健康もそうですし、心の健康もヘルスケアですし、障害者の方への福祉もあるし、ものすごく領域が広いため、ユーザーによって提供するサービスが全く違ってくるんですよね。「どういう風にヘルスケアを捉えたらいいのか教えてほしい」という相談をよくされました。オリンピックの東京開催が決まってからは、スポーツに関する相談が増えました。スポーツと健康というテーマがほとんどでしたね。あとは睡眠もトレンドでした。そして最近はやはりコロナ関連です。皆さんもご存知の通り、医療現場は余儀なく変わらざるをえない状況になっています。企業サイドでは、在宅ワークが増えたので、それに関する健康やマインドフルネスが求められていますね。

ヘルスケアにおいて企業サイドに期待することは何でしょうか?

医療従事者の方々は、患者さんのためには賃金・給料関係なく働き、結果として疲弊してしまうことが多いです。医療の世界が上手く回るためには、奉仕精神ももちろんですが、収入・金銭面の充実も必要です。しかし、どうやって金銭面を充実させれば良いのかも分からないし、それを目的としてはいけないイメージもある。こうした部分については、ぜひ企業の力を借りたいと本質的には思っています。ただ、企業サイドも、どうヘルスケアに参入していいか分からない。
例え対話を試みたとしても、価値観が違うので様々な角度で噛み合わず、お互いに関わり方が分からないまま何も始まらない、ということが現在多く起きている課題だと思います。そこで、やはりこの間に入る存在が必要だと思っていて、私のような企業と医療分野の両方の立場を理解しているコーディネーターたちを上手く活用しながら、どんどん医療分野に関わりを持って行って頂きたいと思います。医療分野は皆さんが来てくださるのを待っているのです。

プロフィール

島村 実希

ヘルスケア領域全般

一般社団法人WELLE ME
代表理事

TE 島村 実希さんの一問一答コーナー

ふだん料理はしますか?
しますよ。得意料理?「肉じゃが」とか言っといた方がいいですか(笑)?実際は、仕事で外食する機会が多いので、自炊する時は薬膳料理など、デトックス系の料理をつくることが多いですね。外食ばかりだと身体に疲れが溜まってしまうので。 
最近、うれしかったことは何ですか?
ずっと読んでるマンガの新刊が出たことですね。昔っからマンガが大好きなで、今でも少女漫画からトキメキをもらって、美容に役立てているつもりです。私ラジオ番組をやっているんですけど、そこで勝手にオススメのマンガを紹介するコーナーをつくって、5分くらい1つの作品についてしゃべくり倒しています。
子供の頃の夢は?
医者でしたね。5歳の時に肺炎にかかり、すごい高熱が出たのですが、近所の医院でただの風邪と判断されたんです。しかし、全然熱が下がらなくて、おかしいと思った親が大きな病院に連れて行ってくれて、そこで肺炎だとわかったんです。「3日遅れてたら死んでいた」と言われたそうです。私はそのまま病院で気を失って、三途の川でひいおばあちゃんと一緒にお花を摘んでいました。ひいおばあちゃんに「ママんとこ帰りや」と言われて、目が覚めました。なかなかすごい体験でしたね。三途の川は置いといて、肺炎で入院した体験から医療に対して「カッコいいな」と興味を持ちはじめました。
もうひとつ、小学校の時に憧れたのはTV番組「料理の鉄人」の料理の審査員です。すごい料理人がつくった、すごく美味しいものを食べられていいなぁと(笑)。
魔法があったらどんなことをしたいですか?
病院を建てたいですね。魔法じゃなくても宝くじか何かで100億円くらい当たったら病院をつくりますね。一般的に病院ってオーナー・経営者がいるので、医療従事者は限られたコスト・時間のなかでしか医療サービスを提供できないんです。学生時代、私が病院に実習に行っていた時、ある患者さんに足湯をやってあげた方が良いと思い、上に相談したんですが「時間がない」という理由で却下されました。医療現場では同じようなことが山程あります。現場が必要だと思ってもコスト・時間の問題で却下される、この仕組みを変えたいと思いました。医療従事者の想いがちゃんと叶い、それが循環するような病院をつくりたいんです。そのためには経営的にもゆとりのある病院運営が大切だと思っています。

島村 実希さんから
会員の皆さんへのメッセージ

ワークスタイリングSHARE

FLEX併設
首都圏
京阪神
全国
SOLO
提携拠点