導入事例 Case01

「働き方改革」のカギをにぎるWORKSTYLING。
営業職の移動効率の改善が生産性向上につながります。

富士ゼロックス株式会社

営業計画部 働き方変革推進グループ
グループ長雨宮 健敏 様

弊社では10年ほど前から「働き方改革」に取り組んでおり、営業マンの移動効率に着目しています。例えば、お客様の近くや自宅とお客様の間に営業の拠点があるといいのですが、自社だけでたくさんの場所に拠点を作ることは難しい状況です。ところがWORKSTYLINGを活用すると自社ではカバー出来ない場所に拠点を確保することが出来るため、WORKSTYLINGの導入により移動効率が改善され、生産性向上を図ることが可能になります。

今までは、お客様の訪問を終えてからまた会社に戻り、仕事をして帰るなどタイムロスが多かったですが、今はWORKSTYLINGに立ち寄ることで帰社することなく業務が終了出来るので残業時間の抑止にも効果を発揮しています。

どこの拠点でも、気軽に、同じように使えることがいいようです。また、遅い時間にもコンシェルジュが対応してくれるし、事務用品が充実しているのも便利です。残業時間が減ってきたことで、趣味や自己啓発といったインプットに使う時間が持てるようになり、ワークライフバランスの面でも効果が出ているようです。

WORKSTYLINGは利用している企業がある程度絞られていて、その会員企業の社員でないと入れない点が、他のシェアオフィスよりも安心できます。数ある汎用型シェアオフィスの中で、WORKSTYLINGを導入した理由の一つが、このセキュリティについての安心です。

ケース1 富士ゼロックス株式会社 | SHARE(シェアオフィス)

お問い合わせ

Contact

気軽に下記よりお問い合わせください。