働き方マイスターに訊く! 第7回

WORK STYLINGディレクターの川路武が、働きかた達人からノウハウを伺うシリーズ企画。7回目は、Sansan出身で、一般社団法人at Will Work 理事、日本パブリックリレーションズ協会広報委員など多彩な活動をされている日比谷尚武さんにお話を伺います。

【ガジェット篇:広報関連業務を支えるメディアアーカイヴ】
―日比谷さんとは、私が2015年に立ち上げたClipニホンバシの「チラミセNight」というイベントの記念すべき第1回にご登壇いただいて以来のお付き合いですね。WORK STYLINGでも先日イベントをしていだきましたし、いつも、ありがとうございます!早速ですが、最近おススメの、あるいはよく使うガジェットはありますか?

「ガラポンTV」という、8チャンネル分のテレビ番組を24時間×最大4か月間すべて録画=「全録」してくれる録画機です。録画した番組は携帯やPCなどでネット経由でいつでも見ることができます。

―あ、これ、私もずいぶん前から注目しているんです。大手メーカーが創らないのが不思議ですよね。どういう用途で使っているんですか?

広報系の業務で、「あの番組に出たらしい」というような情報があったときや、ネットで話題になっているようなときに、後からその番組を確認するのにとても役立っています。また、イベントなどで私が登壇するときの話題探しや調べものにも便利ですね。同じ用途でNTTドコモの「dマガジン」も良く使っています。

―なるほど。きちんと取材・編集されたメディアの力っていうのはやはりあるんですね。

そうですね。まとめサイトとかオウンドメディアとかだとちょっと物足りないな、というときがあるんですよね。

【ToDo管理篇:Googleのアプリを活用】
―ToDo管理の方法を教えてください。

古典的だと思うんですが、スケジュールはGoogleカレンダーにとにかく全部入れていくようにしています。これに尽きますね。

―やはり!この企画で多くの方のお話を伺っていますが、私が「しごと達人」と思う方はGoogleカレンダー派が圧倒的に多いです。

そうなんですね。私も、時間を決めてやらなければいけないタスクは全部Googleカレンダーです。そして、すき間時間でやるような小さな作業はメールで管理しています。メールボックスにあるものは片づけなければいけない作業、としていて、自分で自分にToDoを送ることもしています。また、返信しなければならないものは赤いラベルを付ける、返信待ちのメールは青、など、ラベルで管理しています。

―なるほど。Gmailですか?

はい。いつでもどこでも、すべて見られないと困りますし、端末も様々なものを使うので、クラウドでないと、というのが理由ですね。

―Gmailはとても便利なんですが、広告も含めてすべてのメールが集中するので、メールボックスが無秩序になりがちでもありますよね。

そうなんですよ。メール処理の時間と手間はかなりストレスになるので、そこに時間をとられ過ぎないように気をつけるようにしています。まず広告系など要らないメールはすぐに解除。それからフィルター機能を使います。自動的にラベリングするようにしていて、通勤時などのすき間時間にざーっと確認して、これは不要だと思ったらどんどんアーカイブにいれていくんです。

―すごい、かなり上級者ですねー!

【時間の使いかた篇:】
―大切にしている時間とか、時間の使い方で気をつけていることなどありますか?

この半年ほど、運動量や睡眠時間などを記録管理できる「Fitbit」を使い始めました。少し体調が悪くなったらデータを確認して、たとえば睡眠時間が足りないということなら「少し寝るようにしよう」とか、そんなことをしています。私は集中するとすぐに遅くまで仕事してしまうタイプなのですが、これでデータをとることで、気をつけるようになりました。

―私も同じようなことをしています!そうしたらやはり睡眠時間を確保するようになりました。今日はとても面白いお話、ありがとうございました!

HOT NEWS 人気の記事

COMMONS PAGE セミナーやイベント、各種ご招待など、『三井のオフィス』で働くあなたのための会員制Webサイトです。