ワークスタイリング近くの名店を食べ尽くす!(11)八重洲編

拠点近くの名店を訪問するシリーズ企画、今回は、ワーク スタイリングの情報システムをご担当いただいているアーネストビジネスパートナー株式会社の尾渡一夫さんの強いご推薦で、ワーク スタイリング八重洲のすぐ近くにある焼き鳥の老舗、「伊勢廣京橋本店」さんをご紹介します!

「伊勢廣京橋本店」さんへは、ワーク スタイリング八重洲のあるグラントウキョウサウスタワーから外堀通りを渡り、八重洲ブックセンターの脇道を進んだ先、歩いて5分ほど。いかにも老舗らしい一軒家が、細い道を挟んで2棟向かい合って建っています。

尾渡さん「店構えからして素晴らしいですよね。焼き鳥の芳しい匂いも漂って、食欲をかきたてられます。」

お店に着いたのはランチタイム終了の14時ギリギリでしたが、「伊勢廣」店主の星野雅信様のご配慮で、通常はランチでは使われないお座敷にご案内いただきました。

ランチメニューは、お新香と鶏スープつきのやきとり丼と、やきとり定食。やきとり丼は4本丼か5本丼(午後1時からのサービス品として3本丼もあります)、定食は5本から9本のフルコースから選びます。今日は「やきとり丼(5本丼)」を注文しました。

丼に盛られたやきとり5本は、笹身(ササミ)、団子(つくね)、もも肉、皮身、レバーです。串を外した状態で綺麗に隙間なく並べられ、見た目も美しく、ボリューム満点。では、早速いただきます。

尾渡さん「美味しい!何度いただいても最高です!」

塩加減の絶妙なさっぱりとしたササミの塩焼き、つなぎを一切使わず鶏肉の旨みが凝縮された団子、定番のもも肉、鶏肉の美味しい身の部分をあわせた皮身、どれも絶品です。

尾渡さんが最後に口にしたのは、レバー。黄色味がかっています。実はこれ、80羽~100羽に1羽の割合で採れるフォグラ状の非常に珍しいレバーで、今日は幸運にもこれに当たったということだそうです。

尾渡「このレバーはすごい!舌でとろける感覚です。今日は本当にラッキーです。これは一度食べたらやみつきになると思いますね!」

聞けば、「伊勢廣」さんでは毎朝鶏を基本的に丸のまま仕入れ、その日お出しする分を仕込むそうです。大正10年の創業以来90年以上営業されている鶏専門店だけあって、長い歴史に裏打ちされた技、仕入れる素材の選別に奥深さを感じました。

ワークスタイリング八重洲にお立ち寄りの際は、ぜひ「伊勢廣京橋本店」さんへお越しください!

———————–

<伊勢廣 京橋本店>
JR「東京」駅より徒歩5分
東京メトロ銀座線「京橋」駅より徒歩3分。
営業時間:11:30〜14:00、16:30〜21:00
定休日:日曜・祝日
住所:東京都中央区京橋1-5-4
電話:03-3281-5864

HOT NEWS 人気の記事

COMMONS PAGE セミナーやイベント、各種ご招待など、『三井のオフィス』で働くあなたのための会員制Webサイトです。