News

ニュース

ビジネススタイリストインタビュー:汐留シティセンター担当 稲葉 由香利さん

ビジネススタイリストインタビュー:汐留シティセンター担当 稲葉 由香利さん

ワクスタで会員同士のマッチングやイベント企画をしているビジネススタイリスト(BS)にインタビューするこちらの企画。今回は汐留シティセンター担当の稲葉さんにお話を伺います!

―BSになる前はどんな仕事をしていたのですか?
大学卒業後は不動産仲介会社で3年半営業を経験した後2年間カナダ留学し、帰国後は大手ディベロッパー、外資系ディベロッパー、不動産ベンチャーなど複数社を経験して今に至ります。

―不動産関係の会社を多く経験しているのですね。
そうですね。元々は人が集まる空間づくり、場づくりのハード面に興味があったのですが、ハードよりもソフトの方が生まれるものが多いと感じ、街づくりやコミュニティづくりの企画、イベント運営などを行っておりました。

―なぜBSになったのですか?
様々な企業のビジネスパーソンが集う場所でいろんな方とコミュニケーションを取る、というところに魅力を感じました。どんな思いで仕事をしているのか、今までどのような経験をしてきたのかなど、人の話を聞くのがすごく好きで。前職でのコミュニティづくりやイベント企画の経験も活かせるなと感じぜひやりたいと思いました。

―BSとして大切にしていることはありますか?
BSは御用聞きではないので、例えば「この会社の人を紹介してほしい」と言われたことをそのまま実行するだけではいけないと思っています。本人も気づいていないような潜在的なニーズはなにか、性格的に相性が合いそうな人はどんなタイプか、コラボしたら面白いものが生まれそうな相手は誰か、など人を介しているからこそ実現できる出会いの場を創るように心がけています。それをサポートできるのはすごくやりがいがあるし、そこから会員さんたちの関係性が発展していくのを見るのはとても面白いですね。

―今後BSとして力を入れていきたいことはありますか?
今は時節柄難しい状況ではあるけど、個人的には勉強会の開催をもっとやっていきたいです。ワークスタイリングには色々なコミュニティがありますが、英語を勉強する英語部など、目的をもって集まると距離感も縮まり、そこから発展していく可能性が高い気がするからです。会員さんの学ぶ機会の創出にも繋がりますしね。
あとはワークスタイリングには多くの会員さんがいますが、まだ接したことがない方がほとんど。これからはもっと会員さんとのタッチポイントを増やして、裾野を広げるようにしていきたいです。そういう意味で言うと今のオンラインイベントやオンラインマッチング相談は良いきっかけになるかもしれないと思っています。今までビジネススタイリストと接したことがない方も、ぜひ気軽にイベント参加やオンライン相談をしていただきたいです!

▼ビジネススタイリストについて
https://mf.workstyling.jp/share/businessstyling/businessstylist

ビジネススタイリストインタビュー:汐留シティセンター担当 稲葉 由香利さん | 三井不動産のシェアオフィス・レンタルオフィス・サービスオフィス