ユーザー様インタビュー 第2回

こんにちは、WORK STYLING編集部です。

WORK STYLINGの導入を検討している企業様はもちろん、すでにご利用頂いている方でも他の利用者の声は気になるもの。そこで、今年の4月よりご利用頂いているNTTドコモ様に、契約の決め手や現在の活用方法を伺いました。

「NTTドコモでは社内の働き方改革の一環として、今年の4月からWORK STYLINGを利用しています。情報セキュリティ面で厳しい制約があった中での営業部での導入になります。時間を効率的に利用し、お客さまとの接点を長くもてるようにすることが目的です。

実際に使っている社員からは、使い勝手が良いととても好評ですね。次のアポまで少し時間があるときに、会社に戻らなくても作業ができる。大阪や博多、仙台など出張先で利用できるのも魅力的です。

また、打ち合わせ直後に反省会をすることもあります。これはシェアオフィスを導入するまで考えられなかったことですね。話す内容はお客さまに関わることなので、外のカフェなどでは決して話せません。個室が用意されているWORK STYLINGだからこそ実現できるようになりました。

お客さまとの打ち合わせ時に利用することもあります。先方が会議室を用意できない場合もあるので。その際に助かるのが、備品のホワイトボードです。社内よりも効率的に打合せができるとお客様からも好評いただいております。

今回シェアオフィス導入により、ルールの一部変更や持ち出し用のパソコンの準備など、ある程度コストをかけて取り組みました。決して簡単な決断ではなかったですね。ただ、『効率的に仕事をしたいけどセキュリティ面で社外に持ち出しづらい』という課題は多くの企業で共通していることだと思うので、まず弊社でのスモールスタートが成功事例になればいいなと考えています。

WORK STYLINGを実際にお使いいただいているNTTドコモ様のお声をいただきました。 WORK STYLING編集部では、今後もご利用者様のリアルな声をお届けする予定ですので、どうぞお楽しみに!

HOT NEWS 人気の記事

COMMONS PAGE セミナーやイベント、各種ご招待など、『三井のオフィス』で働くあなたのための会員制Webサイトです。