【イベント情報】【好評につき再開催】NASAでも導入されている「レゴ®シリアスプレイ®」で今年を振り返り!@八重洲 10/19(金)18時〜

 

10月19日(金)18時00分〜20時30分@WORK STYLING八重洲 【好評につき再開催】NASAでも導入されている「レゴ®シリアスプレイ®」で今年を振り返り!

あっという間に、2018年も残すところあと少しとなってきました。
そこで、今回はご自身の2018年(約10ヶ月間)を振り返るワークショップを実施したいと思います!
今年を振り返りつつ、2018年の残りの期間およびその先を見据えたアクションにつなげるため、一度“内省&言語化”させる絶好の機会です。
ワークショップの特徴として、「問い」を大切にして、LEGOブロックを使って自分が感じていることや想いを可視化したり、参加者同士で対話をしながら、丁寧にこの10ヶ月間の振り返りを進めていきます。
さらに!今回は問いをサポートするカードを活用することでLEGO®SERIOUS PLAY®メソッドと教材を活用するオリジナル企画です!
いろんな角度から半年を振り返っていきましょう。
これまでと違う方法で振り返ることで、新たな気づきや学びがあると思います。

<LEGO®SERIOUS PLAY®とは>
LEGO®SERIOUS PLAY®メソッドと教材を活用したワークショップは、スイスのIMD、米国のMIT Media Lab、Tufts大学等の協力を得て、2001年、デンマークのレゴ社が開発した手法です。
一番の目的は、後ろに寄りかかってしまうような会議から全員が前のめりになる会議にデザインしていくことができるところです。
ビジネス上の問題解決には、論理を尽くした議論を優先しがちです。各人の感性:「心」で考え直し、感性で捉えたことをまた論理で考えてみる、この相互作用が問題解決を効果的に促進します。
SERIOUS PLAY®は、遊びと学びの融合の中に、問題解決のプロセスを巧みにおり交ぜた、「新しい学びの道具」といえます。大人でも子供でも、世代や上下関係を超えて、参加できるのが特徴です。

【主催者】 小笠原祐司

“人財育成”のコンサルタントとして、大手外資系企業、日系企業を中心に、幅広い企業の人財育成の提案、設計に携わる。退社後、これまでの経験を生かして、子ども向けから大人向けのワークショップ、対話の場づくりを活用した、問題・課題解決のアプローチを行う。2015年NPO法人bond place設立、代表理事を就任。年間180回のワークショップ、ファシリテーションを実施。

【お申し込み先・参加費】 ※本イベントはWORK STYLING契約企業様のみご参加いただけます。
お申込み先: hello@workstyling.jp
開催日時:10月19日(金)18時00分〜20時30分
開催場所:WORK STYLING八重洲 参加費:無料(但し、施設利用料が別途かかります。)
人数:先着12名様

HOT NEWS 人気の記事

COMMONS PAGE セミナーやイベント、各種ご招待など、『三井のオフィス』で働くあなたのための会員制Webサイトです。