Report

イベントレポート

イベント開催レポート:ワクスタ初のイベント企画道場!参加側から主催側へ。リアル世界の繋がりを作ろう!

こんにちは!

日比谷のビジネススタイリスト加藤です。

7/25(木)に、「ワクスタ初のイベント企画道場!参加側から主催側へ。リアル世界の繋がりを作ろう!」イベントを開催いたしました!

イベントを既に開催されていて、もっと質を上げたいと思っている方、これからイベントを主催しようと思っている方…様々なモチベーションの方にご参加いただきました。

今回のゲストは、LEGO ®︎ SERIOUS PLAY ®︎ メソッドと教材活用トレーニング修了認定 ファシリテータの小林 健介さんと、『誰とやるか、何をやるか、今を生きているか』を信念に活動を続けてられている自由形サラリーマンの山下 紘史さん。お2人とも、「遊び」と「仕事」の境なく、楽しいことをものすごい馬力でバンバンやられている方。

当日は、「自分が仕事をする上で大切にしていること」をレゴで作ってみるというアイスブレイクタイムからスタート!頭で考えることに慣れている皆様、DSS(Do Something Soon)というレゴシリアスプレイの合言葉とともに、まずは考えずに手を動かしてみることにチャレンジされていました。少人数だったこともあり、講師の方も交えて、最初からものすごく盛り上がりました!

場が温まったところで、山下さんのイベント論のインプットタイム。なによりインパクトがあったのは、イベントを企画してみるべき理由。

①好きな時間に好きな人を集めることができる

②繋がりが繋がりを呼び縁が紡げる

③ネット社会では「人を集められる人」はもやはブランド!

また、1つのイベントを企画することで、リーダーシップ・発信力・想像力・ディレクションスキル・楽しみ力・現場力…あらゆる、仕事スキルがつく!というお話も、確かに…ものすごい納得感がありました。その後も面白いお話がさらに続きましたが、もっと詳しく聞きたい方は、日比谷で加藤までお声かけください!

その後は、いよいよレゴシリアスプレイタイム!イベント作りは様々な切り口がありますが、今回は「どんな人と友達になりたいか」からの切り口でイベントを企画してみよう!というところからスタート。

いつもは3時間以上かけてやるようなことを40分くらいに詰め込んだワークでしたが、今回は「どんな人と友達になりたいか」⇒「その人は何に喜びを感じるか」⇒「その人に向けたイベントを企画!」という3つのレゴ作品を作りました。

隣の方の作品にコメントをしたりアドバイスをしたりしながら和気あいあいなムードで進んだことが良かったのか、最後には本当にイベント化できそうなイベントがポコポコ生まれました!!!

参加いただいた皆様・講師の方もすごく仲良くなられていて、アットホームでエネルギー量多めの、ぎゅっと濃密な時間でした。イベントを企画するイベント、またやりたいですね~!(ご興味ある方、是非ビジネススタイリストまでお声かけください!)

ゲストの山下さん・小林さん、参加者の皆様、素敵な時間をありがとうございました!

イベント開催レポート:ワクスタ初のイベント企画道場!参加側から主催側へ。リアル世界の繋がりを作ろう! | 三井不動産のシェアオフィス・レンタルオフィス・サービスオフィス